ガストの宅配メニューをお得に注文する方法

ガストのクーポン

ガストの宅配をお得に注文する方法

ガストの宅配は価格も安くておいしい。

また、暖かいままで届けてくれるので嬉しい。

ただし、注文方法はいろいろあります。

 

1、電話注文

2、ネット注文1(ガスト公式サイト)

3、ネット注文3(デリバリーサイト;楽天デリバリー)

4、ネット注文2(デリバリーサイト:dデリバリー)

 

それぞれメリット、デメリットがあるのでお得に注文する方法をしっかりとチェックしてください。

そして、一番お得だと思うところで注文するといいでしょう。

(以下の写真はdデリバリーで見つけたガスト、ハンバーグから揚げ弁当です)


ガストの宅配、電話注文

ネットでの注文も可能ですが電話注文も可能です。

注文は1500円以上で可能、宅配料金は必要ありません。

これはネット注文も同じです。

フリーダイヤルで注文可能。電話番号は0120-014-296となっています。

 

電話注文のメリット

電話注文のメリットは注文が比較的簡単ということだと思います。

ネットに慣れていない人は電話注文がいいでしょう。

フリーダイヤル0120-014-296にかけて注文してください。

また、チラシにクーポンが付いている場合があり、ネット接続だけでは分からない情報が得られることも多いです。

 

電話注文のデメリット

これまでの口コミ情報を見る限り、電話が繋がりにくいという意見が多かったです(現在は不明)。フリーダイヤルで多くの地域から繋がるので、時間帯によっては時間がかかるかもしれません。

また、メニュー表が無ければ注文しにくい。

ネットに繋いでメニューを見るようだったらそのまま注文した方が楽かもしれない。

あとはポイントやクーポンなどの特典が受けられないかもしれません(Tポイントもらえないかも)。

 

ガストの宅配、公式サイトからの注文

ガストの宅配はネットで注文することも可能。

公式サイト、デリバリーサイトから注文することが可能です。

今回は公式サイトから注文する方法についてメリット、デメリットをまとめます。

 

まずガストの公式デリバリーサイトはこちら→すかいらーくの宅配

サイトにアクセスして郵便番号を入力すればすかいらーくグループの店舗で注文可能なお店の一覧が出てきます。ここでガストが出てきたらOK。注文に進むことができます。

ガストが出てこなかったら残念ですが注文はできません。

注文は1500円~、配送料は必要ありません。

 

公式サイトからのネット注文のメリット

公式サイトでは多種多様な支払い方法に対応しています。クレジットカード支払い、Tポイント支払い、現金払いの3つに対応。

また、商品代金200円につき1ポイントのTポイントが貯まります。

クレジットカード支払いすればクレジットカードのポイント、Tポイントの両方が貯まってお得。

更には公式サイト専用のクーポンもあります。

(メニュー分類の一番下にクーポンの項目があります)

 

公式サイトから注文のデメリット

電話注文と比較するとネット注文に慣れていない人は少し大変。

また、デリバリーサイト(出前館、楽天デリバリーなど)で受けられる特典が受けられない。

 

ガストの宅配、楽天デリバリーからの注文

ガストの宅配は楽天デリバリーから注文することも可能。

ここでは楽天デリバリーのメリット、デメリットについてまとめます。

 

まず楽天デリバリーはこちら→出前、宅配は楽天デリバリーから!

サイトにアクセスして郵便番号を入力するなどして住所検索すれば、自分の地域で注文可能なお店の一覧が出てきます。ここでガストが出てきたらOK。注文に進むことができます。

ガストが出てこなかったら残念ですが注文はできません。

注文は1500円~、配送料は必要ありません。

 

楽天デリバリーからのネット注文のメリット

楽天デリバリーからのネット注文のメリットは楽天デリバリー専門の特典が受けられること。

先ほどチェックしたところ「3日前までにご予約、かつ、3000円以上で爽健美茶2本、5000円以上で爽健美茶4本プレゼント!」とありました。

また注文金額100円につき1ポイントの楽天ポイントが貯まります。公式サイトでは200円につき1ポイントのTポイントなのでそれよりもお得にポイントが貯まります。

その他、楽天デリバリーのみの特別特典がある場合はその特典がもらえます(ポイント2倍など)。

他店舗のデリバリー関連情報も見れるのでお得。

 

楽天デリバリーからのネット注文のデメリット

公式サイトからの注文ではクレジットカード支払いやポイント支払いが可能でしたが、楽天デリバリーからのネット注文では支払い方法が現金のみに限定されます。

また、公式サイトのクーポンは使えません。

 

ガストの宅配、dデリバリーからの注文

ガストの宅配はdデリバリーから注文することも可能。

ここではdデリバリーのメリット、デメリットについてまとめます。

まずdデリバリーはこちら→dデリバリー

 

サイトにアクセスして郵便番号を入力するなどして住所検索すれば、自分の地域で注文可能なお店の一覧が出てきます。ここでガストが出てきたらOK。注文に進むことができます。メニューだけのチェックも当然可能です。

ガストが出てこなかったら残念ですが注文はできません。

注文は1500円~、配送料は必要ありません。

 

dデリバリーからのネット注文のメリット

dデリバリーからのネット注文のメリットはdデリバリー専門の特典が受けられること。

先ほどチェックしたところ「3日前までにご予約、かつ、3000円以上で爽健美茶2本、5000円以上で爽健美茶4本プレゼント!」とありました。

(楽天デリバリーと同じですね)

 

また、注文金額200円につき1ポイントのdポイントが貯まります。これは公式サイトと同じ率で楽天よりは低い。他との差別化はありませんが、dポイントを貯めている人にとってはメリットと言えるでしょう。

その他、dデリバリーのみの特別特典がある場合はその特典がもらえます(ポイント2倍など)。

 

また、一時期はグルーポンでdデリバリーのクーポンが出ていました。そういったクーポンと併用できるならば一番お得と言えます。

 

dデリバリーからのネット注文のデメリット

公式サイトからの注文ではクレジットカード支払いやポイント支払いが可能でしたが、dデリバリーからのネット注文では支払い方法が現金のみに限定されます。

また、公式サイトのクーポンは使えません。

これらは楽天デリバリーと同じデメリットになります。

 

ガストの宅配は平日のランチがお得

ガストの宅配は平日のランチがお得です。

日替わりランチは特に安い。

ランチタイムは平日(土日祝除く)の10:00~17:00の配達となっています。

ぎりぎりの時間の注文だとランチタイムの配達に間に合わないので注意。余裕を持って注文してください。

 

ガストの宅配は地方がお得

あと、これはどーでもいい話かもしれませんが、ガストの宅配は地域によって価格が異なります。

やはり都市部が高い傾向にあります。

都市部に住んでいる人は地方に行った時にはチェックするといいかも?

いつもよりお得に注文できるかもしれません。

今すぐ価格差をチェックしたい人は上記ネット注文サイトでいろいろな地域での価格をチェックしてみてください。

 

ガストの宅配メニューをお得に注文する方法まとめ

今回はガストの宅配メニューをお得に注文する方法をまとめました。

ざっと見た感じでは公式サイトから注文するのが一番お得だと思います。支払い方法もクレジットカードやTポイントを利用できるなど現金以外が使えます。

また、公式サイト専用のクーポンがあるのも大きい。

 

現金で支払うならば、楽天やdデリバリーでの注文もいいと思います。

楽天ポイント貯めている人ならば楽天デリバリーがいいでしょうしdポイントを貯めている人ならばdデリバリーがいいでしょう。

ドコモの携帯を使っている人はやはりdデリバリーがいいかもしれません。dポイントを貯める機会が多いでしょうから貯まるのが早くなると思います。

あと、dデリバリーに関してはグルーポンでも特別クーポンが出ていた時期がありました。そういったクーポンを上手に使えばdデリバリーが一番お得になるかもしれません。

ただ、全般的に、どの方法で注文しても大きな差は無いというのが正直な印象です。

気分に応じて使い分ける程度でいいでしょう。

 

一方、ピザ屋さんなどは圧倒的に公式サイトからの注文がお得なのでピザの宅配を考える場合は注意してください。

公式サイトからの注文だと半額になることも多いです。

(参考:ピザーラ 半額? クーポンまとめ

(参考:ピザハットの半額ピザメニュー(お持ち帰りなど)をネットで注文する方法

(参考:ドミノピザ 持ち帰り 2枚目無料って?~半額になるの?~

 

(あわせてお読みください)
ガストのメニュー価格一覧(グランドメニュー)

ガストのテイクアウトメニュー価格一覧

ガストのクーポンまとめ(ドリンクバー無料?)

ガストのモーニングメニュー価格一覧

ガストのメニュー価格一覧(平日ランチタイム、日替わりランチなど)

ガストの日替わりランチ(日替わりハンバーグランチ)の価格と値段

ガストのお子様ランチ(キッズプレート)、メニュー価格一覧


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です