マクドナルドでコールドドリンクを増量する方法(マクドナルド裏技、裏メニューその5)

マクドナルド、ビックマック

マクドナルドの裏技、裏メニューはいろいろあります。一連の情報をまとめたのはこちらですので必要に応じて確認ください。

 

ここではその裏技、裏メニューについて個別に詳しく解説します。

 

今回は裏技その5、コールドドリンクの氷り抜き(ドリンク増量)についてです。

マクドナルドではコールドドリンクを注文するときに、氷抜きを選択することが可能です。冷たすぎるドリンクは体に良くないこともあり、氷抜きを注文する人も多いかと思います。

 

ここで注目してもらいたいのは氷抜きにするとドリンクが増量になる場合があるということです。これはしっかりと店員さんを確認してもらいたいのですが、通常、ドリンクを入れる時にはコップをセットしてボタンを1回押すだけです。そうすると規定量のドリンクが入ります。

でも、氷抜きを注文すると、量が少なく見えてしまいますので、ボタンを何回かちょい押しして継ぎ足してくれることがあります。MサイズだとLサイズぐらいの量になると言われています。LサイズはLLサイズ?従って、たくさん飲みたいという人は氷抜きを注文すると良いでしょう。

ただし、先に書いた通り「継ぎ足してくれることもある」ということでして、お店や店員さんによって違うと思われます。注文した後に店員さんの動向をしっかりとチェックして、増量してくれるお店を選ぶといいです。

 

また、この裏技の弱点はすぐにぬるくなるということです。ぬるいコーラなどは拷問に近いので、やはり氷は欲しいですよね。でも、増量は捨てがたいし、、、という方のために裏技の組み合わせをお薦めします。

 

それは以前書いた裏技その1の「お水をもらう」というもの。そうです。マクドナルドではお水をもらえます。やはりお店や店員さんによって違いますが、「氷を入れますか?」と聞いてくれますので、必ず「はい、入れてください!」と返事しましょう。そうすれば氷が入ったお水がもらえます。ここでこのお水をさっさと飲んで、、、残った氷をコールドドリンクの方に入れれば、「増量ドリンクの氷入れ」ができあがります。

 

いかがでしょうか?特に暑い夏には上手に裏技を利用してくださいね!

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です