マクドナルドは妖怪ウォッチ、アイカツで復活する?(私が考える復活する方法)

マクドナルド、ビックマック

先週の土日はマクドナルドが大変なことになっていました。大行列です。

9月5日から出ていたハッピーセットのおもちゃ、妖怪ウォッチとアイカツが大人気だからです。

お店によってはおもちゃの在庫もなくなっているところがあるらしく、凄いことです

(参考→ハッピーセットのおもちゃ

その効果を見越してか、9月8日から株価は急上昇しました。

一時期は2500円近くまで下げていた株は2700円近くに上がっています。

 

では、このまま業績が回復するのか?と言えば、当然そのようなことはないと思います。9月は前年比で上がるかもしれませんが、10月はまた、厳しい状況になる可能性が高い(8月もかなりひどかった)。

 

それでは、どうすればマクドナルドが復活するのか?

 

個人的には、、、やはり家族客を取り込むのが一番だと思います。

今年、社長が変わって、その方針を打ち出しているのですが、その方針とは裏腹に現実にやっていることがおかしな方向に向いていると個人的には思います。商品ラインナップを増やし充実したかとは思いますが、必要以上にハッピーセットの価格が高くなり個人的には子供と行きたい気持ちがかなり薄れました。昨年と比較して、クーポン価格でだいたい100円ぐらいは高くなっている。これで昨年よりも家族客が来ると考えているならば、かなりびっくりです。

他の、例えばガストのようなお店に行く回数が増えています。ガストの家族客向けのメニューの方がお得感があるからです。

 

もちろん、値段を上げることによって顧客単価は上がっているかもしれません。利益率も向上しているかもしれません。でも、利益率が比較的高いと思われる家族客が少なくなれば、総合的に見ると利益率は下がってしまうと思います。何故、家族客は利益率が高いのか?それはやはり、いろいろと注文するからだと思います。家族でそれぞれ好きなものを注文するから売り上げも上がるし、利益率の高いものが含まれる可能性が高い。

 

個人的な意見としては、子供向けメニューは現状とは逆に、思い切って値段を下げるべきだと思います(クーポン価格だけでもいいから)。今は大人も購入できるハッピーセットですが、一部、大人は購入できないメニューにするなどしてでも、安くするといいでしょう。子供を連れて行って大人が何も注文しないというのは考えにくいので、そちらで利益を取るという考え方です。

例えば8月はビックマック500円というキャンペーンをやりましたが、それでお客さんが来るか?と言えば怪しい。それに加えてハッピーセットがお得ならば 子供と一緒に行って、ビックマックセットも買って、その他サイドメニューうんぬんというパターンが見込めると思うのです。同じような話になりますが、マクドナルドで新商品が出て食べたいと思っても、行くかどうか怪しい。でも、「子供の分がお得だから」という理由付けをしてあげれば行く気になる。マクドナルドに家族客が戻ると思うのです。

 

今の戦略は「家族客を大切にする」という言葉とは反対に家族客を食い物にするような形にしかなっていないように感じます。どこかで方向転換しないと今の厳しい状況は続くのではないかと個人的には思います。

 

ちなみに妖怪ウォッチとアイカツのおもちゃが出ている現在はハッピーセットのクーポン価格が今年最安値の370円となっています。子供も嬉しいのですが、親も嬉しい。一番売れる時期に値段を安くしているというのは皮肉な感じもしますが、行列が出来ている今の現状はこの価格設定にも関係があるのではないでしょうか。

以上、あくまでも個人的な見解です。ご意見などありましたらコメント宜しくお願いします。

ハッピーセットのおもちゃ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です