お盆休み期間はいつからいつまで?2015年は?

お盆休み 2015年

お盆休み期間はいつからいつまで?2015年は?

2015年のお盆休み。

既にお盆休みが始まっているという人もいれば、そうでない人もいるでしょう。

では、一般的に2015年のお盆休み期間はいつからいつまでなのか?

チェックしてみましょう。

お盆休み 2015年
(2015年の夏休みは海へ?)

 

お盆休みとは?

まず、お盆は旧暦・新暦・月遅れいずれも、日本ではいずれも過去に祝祭日や国民の祝日になったことがありません。

しかしながら、8月15日前後3~5日は休みになる企業が多く、子供は夏休みということもあって、大多数がお休みになる時期です。

一般的にはこの時期に祖先を祭ることが多く、地元に帰省する人が多い。よって、この時期に起こる渋滞を帰省ラッシュなどということが多くなります。

一方で官公庁や金融機関、証券市場、病院などは通常通りの業務を行っていることが多い。動いているから問題ないと考えられがちですが、この時期に有給を取る人も多いので担当者がいる場合などは注意が必要です。

 

2015年のお盆休みは?

2015年のお盆休みは8月13日~8月16日の4連休になる場合が多いようです。回転寿司のはま寿司などは平日90円ですが、この時期は休日設定になっています。

他にも多くのお店が休日設定になっていると思います。

8月15日、8月16日は土日でもともとお休みのため、実質2日のみ休日として追加された形になっています。

 

2015年長いお盆休みの人も

企業によっては8月8日~8月16日の9連休にしているところも多いようです。8月10日、8月11日、8月12日の3日間だけが追加されただけですが、凄い豪勢な感じがします。

9連休ともなると何らかの計画を立てたいところですね。

私が製造業の会社にお勤めしていた頃は(今はニート?)、この9連休のパターンだったと思います。

 

2015年 お盆休みが土日だけの人も

先に書いた通り、官公庁や金融機関、証券市場、病院などは通常通りの業務を行っている人も多いです。

全くお盆休みという概念にはなりませんが、無理に考えるならば8月15日~8月16日の2連休といいうことになるでしょうか?

地元であればお墓参りぐらいはできそうです。また、久しぶりに帰省している人達との交流も可能だと思います。

 

2015年 お盆休みが全く無い人も

旅行業や飲食業などのサービス業は書き入れ時。この時期に休むなんて有り得ないという人も多いでしょう。

8月15日、8月16日の普段はお休みの土日も休日出勤で対応することになります。仕事柄仕方がありませんが他の人がうらめしく思う日々となりそうですね。

ただし、他の時期にお休みを移すことが可能だと思うのでその時期に楽しんでください。

 

外資系では更に多くの休み?

以上のように、9連休、4連休、2連休、休み無しの4つが普通のパターンだと思います。

一方で外資系などに勤めている人は2週間ぐらい平気でお休みをとる人もいるらしい。特にヨーロッパ系の企業は有給を取ることを義務付けているのでこの時期にまとめて休むのだとか。

(ただし、わざわざ人の混み合うお盆時期には休み取らないという人も多いです)

成績によってはすぐにクビを切られる可能性はあるかもしれませんが、外資系は優秀な人にとっては天国かもしれませんね。

 

ということで、2015年のお盆休みは5つのパターンに分けられると考えたらいいと思います。

 

2015年お盆休み期間まとめ

2015年のお盆休みは4連休もしくは9連休というパターンがほとんどだと思います。

比較的長く休みを取れるのでしっかりと休むことも必要でしょうが計画を立てて遊んで欲しいところです。

あなたはしっかりと計画立てて遊ぶ派?それともゴロゴロ派?

どちらにしろ、充実した休みをお過ごしいただければと思います。

 

(合わせてお読みください)
ETC割引 お盆 2015、休日割引日程や深夜割引をチェック!

2015年 お盆 銀行や郵便局(ゆうちょ銀行)の営業日は?

ファミレスやファーストフード、回転寿司のお盆営業期間など(2015年)

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です