ヤマダ電機店頭のスロットやり方詳細(携帯(スマホ)ポイントカードに!1000円購入4回→5回に回数増、ポイントを2倍、3倍にする方法、裏技)

ヤマダアプリ

ヤマダ電機の店頭にスロットマシーンがあり、それに携帯をかざすとスロットが回る光景を見たことがある人も多いことでしょう。

「やり方知らないからいいや!」ぐらいに思っていたらもったない。

絶対に利用した方がお得です。

でも、どうやったいいのか?やり方詳細をまとめてみたので少しずつ下がってチェックください。

通常4回しかできないスロットを5回にする方法や、スロットポイントを2倍、3倍にする裏技も紹介しているので、かなり長いのですが最後まで確認ください。

(以下の説明を読んでもスロットできないという人はこちらを参照ください→ヤマダスロットができない理由を推測

(スマホの格安運用についてはこちら→格安SIMでヤマダスロットなどがお得


スポンサーリンク

スロットマシンのやり方、利用方法

スロットマシーンはスマホ(携帯)にアプリを入れることによってできるようになります。その手順を以下に示します。

 

1、スマホにアプリを入れる

まず、スマホにアプリを入れる必要があります。これは必須。以下のサイトよりインストールしてください。

アンドロイド→ヤマダアプリ(アンドロイド)

iPhone→ヤマダアプリ(iPhone)

やはり非対応機種も存在するようです。その場合は無理ということで諦めるか、ヤマダ電機に問い合わせしてください。

 

2、会員登録する

アプリに個人情報を入れて正会員登録することによってヤマダ会員になります(正会員になっていないとスロットは回せないと思います)。これによってスマホが会員証(ポイントカード)になりスロットが回せるようになります。

ただしすぐにはスロットできません。スロットは1000円以上の買い物をした際に4回できるようになります。

ヤマダアプリ最初の画面
これがヤマダアプリを立ち上げた時に出てくる最初の画面(2014年11月現在)。これが出てくればとりあえずは成功だと思います。会員証の提示に必要なバーコードを出す時にはバーコードのところをタップします。

 

3、1000円以上の購入

1000円以上購入する際に注意して欲しいのが、スマホのバーコード画面を店員に提示しないと駄目ということです。このバーコードを店員さんがスキャンすることによって会員証(ポイントカード)に購入のデータが入ります。

1000円以上の購入であれば、4回スロットが回せるようになります。当然、購入時のポイントもバーコードを提示しないと貯まりませんので、購入金額が1000円以下でも提示してください。

なお、スロットは1000円購入で4回できますが、回せるのは1日に1回だけ。ですから、全部消化するのに最低でも4日必要ということになります。(詳細は以下に書きますが5日以上になることも)

スロットを回す時にはスマホ画面にバーコードを出して、スロットマシーン画面下のガラス面みたいなところにバーコードをあててください。

 

ヤマダスロットバーコード提示
(バーコードをあてるのはココと矢印している左側、光が出るガラス面みたいなところです。右側はかざす携帯、かざすスマホ用)

 

4、スロットの残り回数の確認は?

スマホの画面でスロットの残り回数を確認することが可能です。

 

ヤマダアプリスマホ画面

バーコード画面を出して下をスクロールしていくと、上記のようにスロットの残り回数が「来店ポイント残り回数」として表示されています。

上記の場合は0回。スロットを回すことができません。

これが1回~4回になっていたらスロットを回すことが可能です。スロットを回した後にリロードしていただければ「来店ポイント残り回数」が減っていることを確認できます。

 

また、ここでも注意点が!来店ポイント残り回数は4回以上になりません。例えば、2回残っていた時に1000円以上の購入をすると4回増えて6回になるというわけではありません。4回にしかならなりません。

残り回数を全部消化してから次の1000円以上の買い物をするというのが一番かしこい方法になります。

 

5、スロットで何が当たるのか?

スロットで当たるのはヤマダポイントです。当たるポイント数は以下の通り(2014年11月現在です。よく変わるので注意。また、店舗によって違う場合もあります)。

1等4000P
2等500P
3等50P
4等30P
5等10P
6等1P

このポイントは次回購入時にそのまま使えます。1P=1円でアプリの会員証を提示すれば使えます。

実際に出てくくるのは、ほとんどが3等~6等です。

また、その中でも6等1Pはあまり出ませんし、仮に出てもスロット回数は減らないようです(翌日にもう1回、回せる)。

通常4日で消化できますが、6等1Pが出た時は5日以上かかることになります。また、ネットで調べてみましたが1等、2等が出たという報告はほどんどありませんでした。

とりあえず、1等、2等はまず出ないと思ってください。

(3等~6等までがどの程度の割合で出るのか?その確率を知りたい場合はこちらを確認ください→ヤマダスロット確率データ

 

6、かざすだけで会員証提示

お財布対応スマホでしたら、かざすだけでもOKです。アプリを立ち上げる必要もなく、当然のことながらバーコード画面を毎回出す必要がなくて便利、とにかく楽チンです。

ただし、最初の1回だけですが、かざす設定が必要です。バーコードを店員さんに提示してかざす携帯の設定を依頼してください。

お店によっては慣れている店員さんしか設定が分からないので多少時間がかかるかもしれませんが1回だけの設定なので怒らずに待ってあげてください。

設定が終わった後は購入時もスロットを回す時もバーコードを出さずにかざすだけでOK。ほんと楽チン。

残念ながら、かざす携帯非対応のスマホではかざす設定はできません。非対応スマホをお持ちの方は毎回アプリを立ち上げて、バーコードを提示してください。

iPhoneの場合はiPhone6以降にかざす携帯対応していると思いますが、それ以前の携帯では無理ということになります。

ヤマダスロットバーコード提示
(携帯をかざすのはココと矢印している右側です。かざす携帯非対応の場合は左側のガラス面のところにバーコードをあてます)

 

スロットのポイントを増やす方法、裏技

上記の通り、スロットで当たるのはほとんどが3等50P~5等10Pです。従って、4回の合計で200P~40Pということになります。1000円の購入であれば最大20%のポイントバックということで、これだけでもかなりのものですが、もっとポイントを増やす方方があります。

 

スロットのポイントを2倍、3倍に増やす方法

ヤマダゲームをすることによって、スロットのポイントを2倍、3倍に増やすことが可能です。例えば3等の50Pが倍の100P、3倍の150Pになったります。運が良ければ最大で600Pのポイントバックになりますので、とんでもなくお得かもしれません。

それではスロットポイントを2倍、3倍に増やすことのできるゲームを紹介します。

アプリを立ち上げた画面にある「遊ぶ」というところをタップするとヤマダゲームページに移動します。その中で以下のゲームを探してください(探すのが最初はちょっと大変かも。見つけたら始める前にブックマークするといいでしょう)。

 

ジャンピングデンちゃん
どのシーズンでも(たとえ夏でも)サンタのかっこうをしているデンちゃんを操り、空を上っていくゲーム。うまく上がっていけば点数が増えます。ルビー(?)を取ると高得点など様々なアイテムも出現。最初は難しいかもしれませんが、慣れれば2倍、3倍クーポンを取得することも可能です。

・120万点で2倍クーポン
・150万点で3倍クーポン

ゲームは無料でできるので、遊びながらクーポンが取れるように慣れていくといいでしょう。(機種によっては慣れても厳しいかも)

また、ちょっと話は飛びますが、ヤマダ電機での商品購入時にはヤマダポイントだけでなく、ゲームコインももらえます。そのゲームコイン50コインでコンティニューも可能。

例えば100万点ぐらいで終了して、2倍、3倍のクーポンが取れなくても50ゲームコインでコンテニューが可能なので、何回かコンティニューすれば2倍、3倍クーポンをゲットできるかもしれません。

ここで注意してもらいたいのはゲームコインがなくてもポイントが残っていたらコンティニューができるということです。50Pでコンティニュー可能。でも、コンティニューのためにポイントを消費していたら逆にポイントが減ってしまうので損です(悪い言い方をすれば罠みないなものです)。

ここはかなり注意してください。コンティニュー時にはコイン数の残りは要チェックです(チェックの仕方は後述)。

ゲームをすること自体は無料でコインも必要ありません。コンティニュー時にのみコインやポイントが必要ということです。ポイントたくさん欲しい人は、とにかく慣れてでんちゃんの達人になってください。

 

2倍、3倍クーポンの利用期限は取得から30日以内です。それ以降は消滅します。また、クーポンを複数保持することはできません。例えば、150万点で3倍クーポンを取得し、その後120万点で2倍クーポンを取得し、再度150万点で3倍クーポンを取得したとしても、保持できるのは1枚だけ。3倍クーポン1枚のみ保持ということになります(2倍と3倍を取得した場合は順番に関係なく3倍が優先されるはずです)。

そして、そのクーポンはスロットを回した時に自動的に利用されて消滅します。消滅したら再度の取得が必要になります。

すなわち、買い物時に毎回2倍、3倍クーポンを適用しようと思ったら、買い物した後に毎回ゲームする必要あり!?(これがヤマダの狙いですね)

 

・ヤマダスタジアム
ヤマダスタジアムは野球ゲームです。こちらも無料のゲーム。

単純にコンピュータが投げる球を打つだけのゲーム。10点以上入るとコールドゲームということで、2倍クーポンがもらえます。ただし、10点以上はかなり難しい。

個人的には何回かコンティニューしてクーポンを取得したこともありますが、あまりお勧めできません。ショッピングデンちゃんに慣れて、頑張った方がいいと思います。

人によってはこちらの方が好きという場合もあるかもしれませんので必要に応じて使い分けてください。(コンティニューしなければ無料なので楽しむ分にはどちらでもOK)

デンちゃんと同様にコンティニューする際には残りコイン数に気をつけてください。コインが無いと自動的にポイントを消費します。ポイントを使ってしまったら損です。

こちらも、クーポンは複数保持できません。ショッピングデンちゃんと併用したとしても複数クーポンを貯めることもできません。利用期限は同じく30日です。それ以降は消滅します。

 

ヤマダ神社おみくじ
おみくじを引いてあたりが出れば2倍クーポン、3倍クーポンがもらえます。時間もかからず、すごく簡単でいいのですが、1回ごとに100ゲームコインが必要です。また、あまり当たらないような気もします。試しにさきほど3回やりましたが全部外れでした。

また、ゲームコインがたくさん余っているならばとにかく楽なのでお勧めですが、ゲームコインが無い場合はポイントを消費するので気をつけてください。ポイントを消費したら損です。

こちらも、クーポンは複数保持できません。利用期限は同じく30日です。

 

・その他
時期によってはそれ以外のゲームでも2倍、3倍クーポンを取得することが可能だったかと思います。現時点では上記3つだと考えてください。

ヤマダアプリスマホ画面

(上の写真は先程の画面と同じで恐縮ですが、ここではゲームコインの情報を確認ください。バーコード画面の下をスクロールすると、来店ポイント残り回数以外に、保有ポイント、保有ゲームコイン情報がチェック可能です。コンティニュー時にポイントを消費しないようにコイン数をチェックしましょう。ゲームの最中にも表示されているはずですがゲーム中は熱くなってチェックを忘れがちです。予め確認しておきましょう!)

 

スロットの回数を1000円4回→1000円5回に回数を増やす方法

ゴールド会員になれば1000円で4回のスロット回数が5回に回数が増えます。その方法は以下の2つ。

 

・ヤマダゴールド会員になろう、その1

通常、スロットの回数は1000円以上の購入で4回ですが5回に回数を増やすことが可能です。それはヤマダ電機で累計30万円以上の購入でゴールド会員になるということ(30万円購入の期限があったかもしれません)。

30万円購入後にシルバー会員からゴールド会員に変わるので、それ以降は1000円で5回に回数が増えるはずです。

(かなり大変ですが、100万円以上購入でプラチナ会員になり、6回スロットができるようになります。私は当然、、、)

 

・ヤマダゴールド会員になろう、その2

30万円以上の購入が不可能でしたら、有料会員でゴールド会員になる方法もあります。こちらは毎月324円必要ですが、100Pは自動的にバックされますし、毎日アプリ内でのスロットもできるようになるので実質月100円以下ぐらいでゴールド会員になることが可能。

アプリ画面のバナーに出現することが多いので、興味のある方はタップして確認ください。確か、登録にはクレジットカードが必須だったように記憶しております。

 

金色の会員証(ポイントカード)でもスロットはできる?

ヤマダ電機では携帯(スマホ)を会員証にすることが可能ですが、ペラペラな金色の会員証(ポイントカード)も利用可能です。どちらを使ってもいいですが、併用するとポイントがばらばらになるのであまりお勧めできません。どちらかに統一した方がいいでしょう。最終の利用から1年後にクリアされるので、ばらばらになっていると知らないうちに消失してしまう可能性も高くなります。

また、金色の会員証(ポイントカード)では、スロットを回すことはできません。スロットを回したいようでしたら携帯スマホアプリで会員してください。

ヤマダの金色会員証
(このポイントカード、現在も利用可能です。提示することで買い物時にポイントがたまります。ただし、2010年4月以降はスロットを回すことができなくなりました)

 

他にもポイントをお得に貯める方法が

ヤマダ電機設置のスロットとは関係ありませんが、ネット上のスロットでポイントを貯める方法もあります。

詳細はこちら→ヤマダ電機携帯(スマホ)ポイントカードにポイント貯める方法

 

また、ヤマダのネットショップ、ヤマダウェブコムでもポイントを貯めることができます。ヤマダウェブコムに登録し、共通化処理をすればポイントも貯まりますし、1000円以上の購入で店頭の4回スロットも可能です。→ヤマダウェブコム

 

しかも、ヤマダウェブコムはネットショップですから、ヤマダの実店舗よりも安い商品が多い(時期によって異なります)。

従って、上手に利用すれば、安く購入して、更にポイントもざくざく貯まるという好循環ができます!

詳細は下のリンクから確認いただきたいのですが、家電であればアマゾン、コジマネット、Joshin web、ケーズデンキWEB、ビックカメラ.com、EDIONネットショップ、ノジマオンライン、ヨドバシ.comなどのネットショップ価格よりも安くしてくれます(チャット連絡する)。

(安く購入する方法はこちらを参照ください→ヤマダウェブコムで安く購入する方法

安く購入してポイントも貯まり、スロットも4回できるという優れ技です。

 

なお、ヤマダのネットショップにはYAMADAモールもあります。こちらも共通化することで購入時のポイントは貯まりますが、1000円以上購入のスロット4回復活はないので注意してください。

ヤマダウェブコムとYAMADAモールのスロット以外の違いは以下の通り。

ヤマダウェブコムはヤマダ電機店頭にある商品を取り扱っています。要するに電気屋さんがそのままネットショップになった感じ。

一方で、YAMADAモールは書籍などの取り扱いもありますし、楽天のような値段の安い商品もたくさんあります。こちらは一般のネットショップという感じですが、貯まったヤマダポイントも使えるのでかなり楽しい。

私は貯まったポイントを利用して、YAMADAモールで買い物をすることも多いです(特に書籍関連)。

 

ポイント貯めるにはヤマダカードも必須アイテム

ヤマダ電機やヤマダウェブコムで買い物すると10%ぐらいのポイントが貯まることが多いです。でも、カードで買い物をすると一律2%減ります。これはかなり残念。

小さな買い物でしたら別にいいのですが、家電など大きな買い物だと2%もばかになりません。でも現金よりもカードで支払いたいという人も多いことでしょう。

でも、ヤマダカードであれば現金と同じくそのまま10%のポイントが貯まってお得です。ヤマダ電機での買い物が多いという人は絶対に持っておいた方がいいでしょう。

なんと、セゾンの永久不滅ポイントも貯まるのでポイントの2重取りにもなります。

永久不滅.comでは最大30倍のポイントも!貯まったポイントはANAマイレージに交換することもできるので家電を買っているうちに飛行機に乗れるかも?

 

更に、このヤマダカードはYAMADAモールの買い物で+1%のポイントが貯まるので通常支払いよりもかなりお得(本は対象外だと思います)。

現在、ネットから申し込めば1000円キャッシュバックキャンペーンや豪華プレゼントキャンペーンもしているらしい。

ヤマダの達人になりたい人は是非作って置いてください。以下のリンクより詳細を確認できます。当然、私も持っています(多少条件が変わる可能性あるので内容についてはしっかりチェックしてください)。

(ヤマダカード詳細→ヤマダカード

更にお得に数千円お得にしている人もいます。こちらは手順見ているとちょっと面倒な感じがしますが必要に応じて確認ください。

(参考:ヤマダカードはお得

 

ヤマダ電機店頭のスロットやり方詳細まとめ

世の中にはたくさんのポイントシステムがありますが、ヤマダの携帯ポイントはその中でもかなりお得です。やはり来店スロットでポイント貯まるのが大きい。

私もそのポイントでいろいろな商品を購入しています。

あなたも上手にポイント生活してくださいね!

 

(合わせてお読みください)
格安SIMでヤマダスロットなどがお得

ヤマダスロットができない理由を推測

ヤマダの携帯ポイントは機種変更しても大丈夫?有効期限は?

ヤマダスロット確率データ

 


スポンサーリンク

2 件のコメント

  • ポイントをつけてもらうときにバーコードを出す必要はありませんし
    スロットを回す際もバーコードを出す必要はありません

    • コメントどうもです。

      記事に書いているつもりですがバーコードが必要なのはお財布携帯に対応していない携帯です。お財布対応の携帯でしたらバーコード不要です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です