【実食レポ】マクドナルド、パイアラモード メープルフレバーの感想、評判、口コミ情報、作り方など

マクドナルドパイアラモードメープルフレバー

マクドナルドから季節限定デザート「パイアラモード チョコレート」と「パイアラモード メープルフレバー」が2015年1月6日より期間限定で発売されています。値段は250円と少し安くなって、お得に登場です!

マクドナルドパイアラモードメープルフレバー
(写真はパイアラモードメープルフレバー、公式サイトより引用)

 

マクドナルド大好きな私ですが、「パイアラモード メープルフレバー」を食べた記憶が無いので、まずは「パイアラモード メープルフレバー」を先に食べることにしました。

「パイアラモード チョコレート」は別途、実食レポを書きますね!

 

パイアラモード メープルフレバーとは?

パイアラモード メープルフレバーはソフトクリームに熱々のアップルパイを挿し、更にメープルをトッピングしたものです。

今回は、店員さんが「パイアラモード メープルフレバー」を作っているところを、まじまじと眺めてみました(変な人と思われたかも?)

 

<パイアラモードメープルフレバーの作り方>

1、カップにソフトクリームを入れる
まずはカップにアイス(ソフトクリーム)を入れます。カップの大きさはSサイズドリンクのカップよりも少し横に大きく、縦は短い。それなりにたくさんの量が入ると思います(カップの大きさは写真参考)。

 

マクドナルドパイアラモードメープルフレバーカップ

 

2、アップルパイを2つに割ってソフトクリームに挿す
箱に入ったままのアップルパイ、真ん中の切り取り線のところを切り取り、箱から出す前にアップルパイを2つにおります。そして、2つになったパイの割れている方をカップに入れたソフトクリームに挿します。(さすがにお姉さんが作っているところは写真撮れなかったよ)

 

3、メープルをかける
最後にメープル(ハチミツ)をかけて出来上がり!多少、公式サイトの写真とは違いますがおいしそうです。

マクドナルドパイアラモードメープルフレバー実物
(これが実物、公式サイトの写真と違う!とか文句言っちゃ駄目だよ)

ソフトクリームとアップルパイを購入し、お水をもらえば(水は飲み干すか捨てる)、、、自作でもできるかもしれませんね。

 

パイアラモード メープルフレバーの感想

今回食べた感想ですが、、、

 

とにかくおいしかったです。

懐かしの味が戻ってきました。

個人的にはソフトクリームとアップルパイのコンビはかなり相性がいいです。

 

ただ、、、メープルの存在感がないかも?

アップルパイ自体がかなり甘いのですよね。もちろん、ソフトクリームも甘い。そこに同じ系列の甘さが加わっているので、、、どうにも存在感がないんですよね。

 

別にメープル無くてもいいんじゃないの?というのが正直な感想。

 

あと、パイは少し冷ましているのかな?熱々では無かったです。これは好みが分かれるかもしれませんが、私は熱々のアップルパイにして欲しい。以前はもっと熱かったような気がします。もしかしたら、いきなり食べて口の中をやけどした人の苦情で少し冷ますようになったのかもよ?もしくは、すぐにソフトクリームが溶けてどろどろになってしまったとか?まだ1回した食べてないので、パイが熱くなかった理由は不明です。

 

と、文句はいくつか書きましたが、、、やっぱりおいしいです。2015年1月7日現在では携帯クーポン使って200円で食べれるので今がチャンスかもしれません。

(参考:マクドナルドのお薦めクーポン

 

パイアラモード メープルフレバーの口コミ、ネットの評判など

私の感想だけでは寂しいのでネット上の口コミ、評判などもチェックしてみました。以下の通りです。

 

「メープルもおいしいよ!」

「予想通りメープルおいしい!」

「アップルパイが暖かいので冷たすぎずグッド!」・・・冬には丁度いいね!

「アフォガートよりこっちがいい!」・・・私はどっちも大好きです。

「私はアップルいらない。パイだけでいい」・・・アップルパイのパイだけでいいという意見ですね。なんとなく分かるような気もする。

 

ほとんど、おいしいというご意見です。やっぱりパイアラモード最高!!!

先にも書いたようにクーポンでお得に買えるのは今だけかも?あなたも早く食べてね!

 

(パイアラモードの注意点を書くのを忘れてた、、、お持ち帰りはお薦めできません。理由は分かるよね!)

 

その他、パイアラモード関連のカロリーや過去の情報はこちらもチェック!

(参考:マクドナルドのパイアラモード


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です