スタバ サイズと量(一番お得のはどれ?何語?英語それともイタリア語?)

スタバのクールライム

スタバ サイズと量(一番お得のはどれ?)

スタバのサイズは4種類あります。

スタンダードなTallやShortはまだいいとしてもGrande、Ventiとかになるとどう読んでいいのかさえも訳が分からないです。

TallやShortは英語で何となく意味が分かるのですが、、、。

実はGrande、Ventiはイタリア語らしい。

何で英語とイタリア語がまぜこぜに?

ちょっと不思議です。

ということで今回はスタバのサイズについて調べてみました。

一番お得なサイズについても言及したいと思います。

スタバのクールライム
(こちらはスタバのクールライムだよ)

 

 

スタバの4種類のサイズについて

スタバには4種類のサイズがあります。その読み方や量について解説します。

 

スタバ、4種類のサイズの読み方

4種類のサイズの読み方は以下の通りです。

一番少ないサイズがショートで、その上がトール、グランデ、ベンティという順番になります。

1)Short(ショート)

2)Tall(トール)

3)Grande(グランデ)

4)Venti(ベンティ)

 

スタバ、サイズの量は?

4種類のうち一番少ないのはShortということが分かりましたが、実際の量はどれぐらいなのでしょう?

調べた結果は以下の通り。

なんと一番量の多いVentiサイズは一番量の少ないShortサイズの2倍以上です。

Short(ショート)
240ml

Tall(トール)
350ml

Grande(グランデ)
470ml

Venti(ベンティ)
590ml

 

スタバ、4種類のサイズの価格

4種類のサイズの価格ですが、当然のことながら、量が多くなると価格も高くなります。

一例として先の写真のクールライム(毎年登場する季節限定品)のサイズ別価格は以下の通り。

(あくまでも一例です。商品によって価格は異なるので注意してください)

Short(ショート)
360円

Tall(トール)
400円

Grande(グランデ)
440円

Venti(ベンティ)
480円

(参考:スタバ 6月新作 クールライムの価格、カロリー、販売期間はいつまで?

 

スタバ、4種類のサイズで一番お得なのは?

では、この4種類のサイズで一番お得なのはどれか?

やはり一番大きいVenti(ベンティ)がお得なの?

上記のクールライムで計算してみます。

(他のドリンクだと多少なりとも計算結果が異なる可能性があります)

 

100mlあたりの価格での比較

Short(ショート)
100mlあたり約150円

Tall(トール)
100mlあたり約114円

Grande(グランデ)
100mlあたり約94円

Venti(ベンティ)
100mlあたり約81円

 

100円で飲める量での比較

Short(ショート)
100円で約67ml

Tall(トール)
100円で約88ml

Grande(グランデ)
100円で約107ml

Venti(ベンティ)
100円で約123ml

 

一番お得なのはやっぱりVenti(ベンティ)?

計算した結果を見ていただければ分かる通り、一番お得なのはVentiサイズです。

ぱっと見た感じで一番量が少ないShortと比べると倍ぐらいお得度が違います(商品によって多少違うと思うので注意)。

でも、飲みすぎてお腹を壊したら逆に損なのでほどほどにしましょう。

 

また、お友達と一緒に飲むのであれば一番大きなサイズを注文してシェアするといいかもしれません。

ただし商品によってはTallサイズしかないものもあります。

Ventiサイズでは注文できない商品もあるということで注意してください。

最近の例で言えば、ベイクドチーズケーキフラペチーノやストロベリーディライトフラペチーノはTallサイズのみとなっています。

(参考:スタバ、6月新作はベイグドチーズケーキフラペチーノ、価格、カロリー、販売期間など

(参考:スタバ 新作2016年5月はストロベリー、価格、カロリー、販売期間はいつからいつまで?

 

スタバのサイズは何語?英語それともイタリア語?

ここからは豆知識。スタバのサイズは何語なのか?という話に変わります。

まず、スタバのサイズについてShortとTallは英語です。

ここまではほとんど誰にでも分かるでしょう。

難しいのはここから。

その次のGrandeとVentiは実はイタリア語なのです。

サイズに英語とイタリア語が入り混じっているのです!

 

サイズに英語とイタリア語が混ざっているのは何故?

ではなぜ、スタバのサイズは英語とイタリア語が入り混じっているのでしょう?

実は2012年7月2日放送の「いいとも」でタモリが疑問に思って質問していました。

そこで有識者がスタバへ質問を。

でも、スタバの日本支社でも分からないことが判明。

シアトルの本社に質問することになりました!!!

そして、1週間後の7月9日に帰ってきた回答はこちら。

「スタバが米国で大人気となったのは、イタリアタイプの飲み方であるエスプレッソをメイン商品としたことが大きい。CEO(最高経営責任者)のハワード・シュルツ氏が影響を受けたイタリア流に敬意を示して、GrandeとVentiをサイズ名に取り入れた」ということでした。

イタリアに敬意を評してサイズの名前にイタリア語も取り入れたということで、何となくスタバらしい逸話ですね。

それ以外にも隠された豆知識がスタバにはたくさんありそうな気がしてきました。

 

スタバのサイズ、それぞれの意味

4種類のサイズについて意味も調べてみました。Ventiも大きいという意味かと思っていたのですが違ったようです(笑)。

Short)短い、低い(英語)

Tall)高い(英語)

Grande)大きい、偉大な(イタリア語)

Venti)20(イタリア語)・・・20オンスが590mlになります。

 

スタバのサイズと量まとめ

今回はスタバの4種類の量について一番お得なサイズについて確認しました。

予想通りお得なのは一番大きいVentiサイズです。

一番量の少ないShortサイズとは倍ぐらい違います。

友達と一緒に飲みに行くようであれば一番大きいVentiを注文してシェアするといいかもしれません。

ただし、商品によってはサイズが選べない場合もあるのであらかじめチェックしておくといいでしょう。

また、スタバの4種類のサイズは英語とイタリア語が混じっています。

ちょっとした豆知識として覚えていくと友達に自慢できていいかも?

豆知識も身に付けてもっとスタバを楽しんでくださいね。

 

(合わせてお読みください)
スタバのメニュー価格一覧

スタバのメニューカロリー一覧

フラペチーノのカロリーを下げるカスタム手法

スタバ 新作タンブラー 最新情報まとめ

スタバカードはプレゼントに最適!値段は1000円~購入方法など


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です