マクドナルドの閉店、閉鎖、リストラ予定はどうにもならないのか?復活する方法は?

マクドナルド、チキンてりたま瀬戸内レモンソース

マクドナルドの業績が大幅に悪化し、131店舗の閉店、大量リストラを発表しています。

この流れはどうにもならないのでしょうか?

私なりにどうしたら業績が回復するのか?考えてみました。

素人考えなので、適当に流してください。こんなことを考えている人もいるんだ程度に考えていただければ幸いです。

 

(閉店店舗情報はこちら→マクドナルドの閉店店舗一覧2015年マクドナルド閉店店舗2015年(地域別)

 

業績悪化は品質問題が根本の原因

今回の業績悪化の最大の原因は品質問題と言えます。期限切れの鶏肉を使った問題に始まって、各店舗での異物問題がありました。

これをマスコミが大きく報道することによって多くのお客さんがマクドナルドから遠のいています。

 

それ以外にも遠因として原田体制が悪かったという人も多くいます。直営からFCへの転換を図ることによって、社員のやる気がそがれたという話もよく聞きます。

ただ、原田体制が悪かったと言ってもそれほど業績が大きく下がっていたわけではありません。私は原田体制がそれほど悪いとは思っていません。

 

それよりも、カサノバ体制になってからチャレンジ精神が失われたことが問題の1つではないかと考えています。

 

カサノバ体制になり、クーポン価格が高くなった?

カサノバ体制になってから私が感じたことはクーポン価格が高くなったということです。特に子供向けのハッピーセットの価格が高くなった。それ以外も全般的に高くなっていた。

もちろん、それは悪いことではないのですが、かなり急激に上がったのでクーポンを利用していた人達はがっかりしたのではないかと思います。

それが最近の業績悪化を受けて再びクーポン価格が安くなってきたようにも感じます。業績が悪化している時に安くするというのは、、、どうにも負のスパイラルのように感じます。タイミングとしては良くないと感じる。

(参考:マクドナルドのクーポン情報

 

先の話に戻りますが、体質改善のためにクーポン価格などを上げるのは仕方がないにしても、もう少しゆっくり上げても良かったのではないかと個人的には思っています。

 

そして、それと共にキャンペーンが減ったような感じを受けます。原田体制の時にはとにかくチャレンジ、常に何らかのキャンペーンを常にやっていたような気がします。

キャンペーンなどのコストを減らして、クーポン価格を上げて利益率を上げようとしていたのでしょうか?それはそれで正しい方法なのかもしれませんが、お客さんが遠のいた原因の1つではないかと個人的には思います。

 

キャンペーンが少なくなった?

原田体制の時の、私が強烈に記憶しているキャンペーンとしては、60秒チャレンジとかがありました。

あのキャンペーン自体は失敗だとは思いますが、あのような話題作りというのはマクドナルドが得意としてきたことだと思います。

とにかく、マクドナルドに行けば何か楽しいことが待っている。そんなわくわく感が常にあったような気がします。

でも、今は何かやっているでしょうか?カサノバ体制になってからのマクドナルドのキャンペーンはほとんど記憶にありません。あるとすれば昼マックを始めたことぐらいでしょうか?

(継続的にやっているので、もはやキャンペーンとは言えないような気がする)

 

今のクーポンでは17:00以降にアップルパイ1個買ったら1個無料とか、ポテト1個買ったら1個無料とかやっていて、これはこれで面白いクーポンだと思います。ただ、昨今の売り上げ減を考えるとあまり良い手法ではないかもしれません。

であれば、もっと他の方法。キャンペーンとしてクーポンを使わなくてもいい形での1個買ったら1個無料をやるとか?

以前みたいに購入してくれたお客さんに無料券を渡すような形とか良さそうだと思います。無料券の消費のために再度の来店が期待できます。今の1個買ったら1個無料ではそれが期待できません。

(不埒な店員がその無料券をオークションなどに流すようなことがあって辞めたのかもしれませんが、例えば捺印のあるお店限定などにすればある程度は防げると思います)

 

今のクーポンと同じように1個無料券キャンペーンは17:00以降限定でのキャンペーンでもいいと思います。それを大々的に宣伝すれば「マクドナルドがまた何かやっている」という感じでお客さんが戻ってくる可能性もあるのではないでしょうか?

そして、来てくれたお客さんが無料券を消費したくてもう一度お店に来てくれるならば大成功だと思います。

 

それ以外にも過去にやって売り上げ増に貢献したキャンペーンはどんどんやるべきだと個人的には思います。

そうそう、ポテトとかビックマックについていた福めくりとかもいつの間にか無くなりましたよね。あれってほとんど外れクーポンだったと思いますが(それほどお得でもない)、くじをひけるというだけで楽しめますし、やはり中にはクーポンを使うために来店する人もいるでしょう。

そういった工夫も必要なのではないかと思います。

 

それ以外にもマクドナルド内部からもっといろいろなキャンペーンの案が出てきていいと思うのですが、何もないのでしょうか?私のようにマクドナルドに良く行く人間がマクドナルドのここ最近のキャンペーンが記憶にないというのはある意味、異常だと思います。

以前とはチャレンジするという意味での空気が変わってしまったのではないか?と心配します。

 

トライアンドエラーをもっとやっていいのでは?

様々な案を出して、とにかくいろいろやってみるということが今のマクドナルドには必要なのではないかと個人的には思います。

 

もちろん、品質重視の体制などを作るのが最優先事項だとは思います。それを重視しつつ、いろいろなチャレンジをして欲しい。

 

そうしないと今後の本格的な回復は難しいのではないでしょうか。

何か楽しくなるような、わくわくするような、そんなキャンペーンを期待します。

 

マクドナルドが復活する方法まとめ

素人の意見なので全く的外れかもしれませんがご了承ください。

私は今のマクドナルドはもっと攻撃的にチャレンジする必要があると思います。

 

そして、、、マクドナルドが好きな人はもっとマクドナルドに行こうね!私もマクドナルドにどんどん行きたいと思います。

 

(合わせてお読みください)
マクドナルドの閉店店舗一覧2015年

マクドナルド閉店店舗2015年(地域別)

マクドナルド閉店店舗131閉店(190店舗)とは?

マクドナルド店舗数推移と業績推移

マクドナルド株価推移情報

マクドナルドのメニューと価格

マクドナルドの最新クーポン

マクドナルドのクーポン取得方法などまとめ

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です