花粉のピーク、大阪、兵庫、京都(関西地方)はいつまで?2016年のスギ花粉、ヒノキ花粉など

花粉症、男性マスク写真

花粉のピーク、大阪、兵庫、京都(関西地方)はいつまで?2016年のスギ花粉、ヒノキ花粉など

花粉症のやっかいなシーズンが続いています。

街にはマスクしている人が多数。

花粉のピーク、大阪、兵庫、京都(関西地方)はいつまでなのでしょう?

2016年春の関西地方のスギ花粉、ヒノキ花粉情報を中心に花粉症関連情報について調べました。

 

花粉症、男性マスク写真
(マスクしていてつらそうなのだ)

 

大阪、兵庫、京都(関西地方)の花粉はいつから?

関西地方では、2016年も2月上旬から花粉が飛び始めているようです。この時期に飛び始めるのはスギ花粉

この花粉で問題がないと油断して、次のヒノキ花粉でやられるという人もいるので注意してください。

人によって体質が異なり、スギ花粉に弱い人もいればヒノキ花粉に弱い人もいます。

 

大阪、兵庫、京都(関西地方)の花粉、今年は多い?少ない?

今年(2016年)の大阪、兵庫、京都など関西地方の花粉の飛散は、例年より少ないそうです。

ただし、昨年も同様に例年よりも少なかったので昨年との比較となるとやや少ない程度です。

今年は比較的すごしやすいようですが油断は禁物です。特に昨年もひどかったという人は注意してください。

 

大阪、兵庫、京都(関西地方)の春花粉のピークはいつまで

春の花粉全体で考えると4月上旬ぐらいまでがピークと言えます。種類別では以下の通り。比較的今年の花粉は落ち着いていると言われていますがやはり注意してください。

 

スギ花粉のピーク
3月上旬~3月中旬

ヒノキ花粉のピーク
4月上旬

(あくまでもピークであり、4月下旬ぐらいまでは気をつけてください。また、地域内でも多少の差があります)

 

大阪、兵庫、京都(関西地方)、スギ花粉、ヒノキ花粉以外の花粉

一般的に花粉症は春になるものです。その主な原因はスギ花粉とヒノキ花粉。でも、実際には1年中、花粉がまっています。人によってはスギ花粉、ヒノキ花粉は大丈夫でも他の花粉でひどいというケースもあります。

毎年同じ時期に体調を壊したり、風邪を引いたり、くしゃみが出るという人は一度お医者さんに見てもらった方がいいかもしれません。

スギ花粉、ヒノキ花粉以外の花粉のピークは以下の通りです。

 

ハンノキ(カバノキ科)
3月~4月

オオバヤシャブシ(カバノキ科)
3月~4月

コナラ、クリ(ブナ科)
3月~5月

ケヤキ(ニレ科)
3月~6月

イチョウ(イチョウ科)
4月中旬~4月下旬

アカマツ(マツ科)
4月下旬~6月

ネズ(ヒノキ科)
4月~5月

オリーブ(キンモクセイ科)
5月下旬~6月上旬

イネ科
5月~6月

ブタクサ(キク科)
8月下旬~9月

ヨモギ(キク科)
9月中旬

カナムグラ(アサ科)
9月~10月

 

大阪、兵庫、京都(関西)、今日の花粉情報

各都道府県の今日の花粉情報は以下で確認ください(日本気象協会HPへのリンクです)。晴れている日は全般的に花粉が多いので十分に注意してください。

 

大阪の花粉情報はこちら→大阪花粉飛散情報(日本気象協会HP内)

兵庫の花粉情報はこちら→兵庫花粉飛散情報(日本気象協会HP内)

京都の花粉情報はこちら→京都花粉飛散情報(日本気象協会HP内)

奈良の花粉情報はこちら→奈良花粉飛散情報(日本気象協会HP内)

和歌山の花粉情報はこちら→和歌山花粉飛散情報(日本気象協会HP内)

滋賀の花粉情報はこちら→滋賀花粉飛散情報(日本気象協会HP内)

 

花粉のピーク、大阪、兵庫、京都(関西地方)まとめ

大阪、兵庫、京都など関西地方の2016年のスギ花粉、ヒノキ花粉は例年より少ないと見られています。

ただし、油断は禁物。体調管理については十分に注意してください。

また、春を過ぎても様々な花粉がまっているので、春以降も注意が必要です。

花粉症対策については別途まとめていきますのでそちらも参照ください。

(参照:花粉症対策の人気のマスクと効果

 

(合わせてお読みください)
花粉のピークはいつまで? 2016年のスギ花粉、ヒノキ花粉

花粉症、東京、神奈川など関東地方のピーク

花粉症、愛知~静岡など東海地方のピーク

花粉症対策の人気のマスクと効果

花粉症の市販薬、アレグラは効く?効かない?

花粉症の市販薬、アレジオンとアレグラの比較

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です